履歴書の書き方

女医

現在の歯科衛生士求人サイトランキング1位シカカラDH求人

歯科衛生士になるには資格が必要です。
まず、学校を卒業すると国家試験を受ける権利が与えられます。
学校で勉強をしていない人は、国家試験を受けることができず、歯科衛生士になることができません。
また、国家試験を合格し、歯科衛生士になれたとしても、病院や歯科医院などに面接に行かなければ意味がありません。

歯科衛生士の面接に大切な履歴書の書き方・嘘や省略は書かない

歯科衛生士に関わらず、面接の際に必ず必要になるのが履歴書です。
履歴書にはきちんとした個人情報を書く必要があり、学歴や経歴などは本当のことを書かなくてはなりません。

嘘の情報を書いてしまった場合、ウソがばれてしまうと、辞めさせられても文句が言えない場合あるので、慎重に間違いがないように書くことが大切です。
履歴書の書き方は歯科医師(Dr)や歯科衛生士(DH)、歯科助手(DA)や歯科技工士(DT)によって書き方が違う場合があります。

歯科衛生士の場合は、DHと言われていて、デンタルハイジニストの略となっています。
まず、履歴書と、必要な証明写真(3ヶ月以内の写真・スーツ着用)を用意し、氏名や住所を書いていきます。
住所を書く際は、必ず都道府県から書くようにしマンション名など省略をせず、正式な住所を書く必要があります。

経歴や志望動機の書き方と自己アピールが大切

学歴や経歴に関しては、細かく書くことが大切で、書くことを省略するために、同校卒業と書いたり記号を書くことは基本的にはNGです。

資格や免許は取得した順番に記入していき、当然歯科衛生士の免許を持っていることも記入しなければなりません。
志望動機はできるだけ具体的に書くことが大切です。
自己PRを書く欄があるようであれば、必ず書きましょう。

空欄はないようにし、職歴に関しては学生時代にアルバイトをしていた場合、就職に役立ちそうなことであれば書いても良いですが、そうでない場合は書かなくても構いません。

これらをきちんと書くことができれば、履歴書は完成です。

失敗しない!
歯科衛生士求人サイトのおすすめ

シカカラDH求人

特徴
  • 元歯科業界従事者多数
  • どこよりも求人情報が詳細
  • 利用者満足度95%
25歳 女性
他社にはない医院情報をたくさん教えてもらえたので自分に合う歯科医院を選びやすかったです!
担当者が内定まで親身に対応してくれたので信頼が持てました。
無料登録はこちらから

デンタルジョブ

特徴
  • 求人案内から面接対策までサポート
  • 女性担当者多数
  • 非公開求人多数
38歳 女性
担当してくれた方が女性だったので話しやすかったです。
案内してくれた求人が何故私に合うのか説明をしてくれたので検討しやすかったです。
無料登録はこちらから

Guppy (グッピー)

特徴
  • 適正診断が可能
  • 求人件数が多い
  • 就活イベントも開催している
22歳 女性
特に職場を変える気はなかったのですが、適正診断を遊びにやった時に自分にはもっと良い条件の仕事があるのかなと思い活動しました。今では満足して働いています!
無料登録はこちらから
Copyright (C) 失敗しない!歯科衛生士求人サイト比較. All Rights Reserved.